つぶやき

塩がじゃりじゃりついたしょっぱい乾燥梅は、食の駅(高崎・吉岡)にあるらしい。
このブログは、見やすいようにデスクトップ拡大125〜150%に合うようににつくられてます。目にやさしく。

カテゴリ:Music Art > 藤田真央

そういえば、本人トークもありました。 ・今日は、3月のコンチェルトの"キャンペーン"のコンサートです ・3月に共演する指揮者の方が、家の猫ちゃんと同じ名前です(ウォンちゃん) 相変わらずの、育ちの良さを感じる優し気な口調。かわいらしい青年です。 アンコール1) ...

後半は超絶技巧を要する曲、という感じでした。 このプログラミングの良さも、真央君のリサイタルの魅力。 年に何回もリサイタルをしているけれど、少しずつ曲を変えて、聴衆を飽きさせない、レパートリーの幅広さ! ピアニストの藤田真央さんは本当にいいプログラミングを ...

1階には、コンサートのポスターが貼ってありました。 まずは、このコンサートのポスター。 そして、11月の周防亮介さんのポスターも!なんと、チケット完売!!嬉しいな〜。 入り口にも、素敵な看板が。 輝かしい「完売御礼」の文字。去年から露出が増えて、人気急上 ...

めぐろパーシモンホールの最寄り駅は、東急の「都立大学」です。 しかし・・・私は知っていました。 駅からけっこう歩くことを。そして坂道だということを! 都内で働いていた頃、パーシモンには何回か行ったことあるのですが、 駅から歩いて失敗した!と思って、バスを使う ...

今年は、百音ちゃんのコンサートは少ないのですが、真央君は大活躍! とてもネット追っかけが追い付かないのでw、 自分が行ったコンサートだけ記録しようと思っているのですが、 浜松のリサイタルでのアフタートークが興味深かったので、記録! CD発売後間もない5/27に、 ...

【ソリストアンコール】 ショパン:マズルカ第41番 嬰ハ短調 op.63 No.3 こちらはブーニンさん しかしながら、 この動画を見つけて驚きました。 真央君の演奏は、ソコロフの演奏に近かったような気がします。 若い分、テンポはupしてたけれど、溜め方がソコロフ風味。 ...

6月17日14:00 サントリーホールにて、東京都交響楽団とチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番を演奏します。指揮はオレグ・カエターニさんです。ぜひ、皆様のご来場をお待ちしています。https://t.co/I1kBg4mM4E pic.twitter.com/8igqfYyF2y— Mao Fujita 藤田真央 (@DeBay1128) ...

人生初サントリーホールです。 東京にいた頃は、仕事で忙しくて職場と家の往復。 もっといろいろ行っておけば良かったかな〜。 入場すると、クラシカルで格調高い雰囲気に驚き。 大ホールと小ホールの入り口が近いせいか。人が本当に多い印象。 もう少し広い間取りが良か ...

最近、藤田真央さんのコンサートばかり行っていますが、推し愛は平等。 百音ちゃんは、今は学校やマスタークラスを中心に研鑽を積んでいるようだし(しかし、来年のN響オーチャード定期に出演が決まっている!)、周防さんは留学中だし。 真央君は、去年のコンクール優勝か ...

百音ちゃんのCD発売は2年前で、記憶はあいまいだけれど、 真央君のCD発売は、メディア露出が本当に多い印象。 そして、それをきめ細かくツイートしている所属レーベルのNAXOSさん。 百音ちゃんが所属するavexだって大きい会社だけれど、百音ちゃんのCD発売のときは、SNSの ...

練馬文化センターの小ホール。 座席、左前の方から見た様子。 前の方の席は、階段状になっていないので、前の人の間越しに見るわけですが、わりとよく見えました。 ホールの最後列から。わりと後ろの方でも良く見える感じですね。 このホールだったら、前の方にこだわ ...

さて、終演後、フォロワーさんと話をしたり、見つけられたりw。 CD販売とサイン会がありました。平日の夜ということもあってか、なんとなくアットホームな規模で、50人くらい並んでいたかと思います。 パンフレットでも良かったみたいだけれど、なんとなくパンフレットでは ...

最近、旅行に行ってないなぁ。 音楽は歳をとって動けなくなっても楽しめるから、ハマるのはあとにしようかな〜と思ったりもしますが、 今は、これで良しとしよう! 旅行とライヴが一緒なのが、サイコーだな〜。 そのためには、連休が必要なのだが…。 さて、先日さろんコ ...

CD発売の前から、題名に出演したり、メディアのインタビュー記事もどんどんupされて、CD発売に向けて、着々と準備されていたのかなー? 記事がたくさんあったので、消えないうちに一部保存。 【藤田 真央 ピアノリサイタル 開催レポート】 引用:カワイ音楽振興会の記事。 ...

発売当日のTwitter。前日、中国の演奏旅行から戻ったばかりですが、 挨拶とか、頑張っている!ちょっと大人っぽくなった? 発売日の週の週末には、2日連続リサイタルもあったりして、さぞかしお疲れでは。 若いって素晴らしい。 本日は #藤田真央 @DeBay1128 のアルバム #p ...

発売に合わせて、様々なメディアにとりあげられていて、レーベルの力の入れようがわかります。 4つのサイトの記事があって、内容はほぼどれも同じですが、 記事タイトルが、 e-onkyoとgrooversが、 「ピアニストの個性とレコーディングの特性のマッチングを聴く」 というタ ...

次は、「グラナダの夕べ」です。 参考:「版画」より第2曲「グラナダの夕べ」 とても良かった。アラブの表現で、非常に官能的。 夜の熱気です。 テンポを変えずに音を変えましょう。 ここはいきなり太陽の輝きが、乱暴なまでに弾けて。 官能的、なるほど! 官能的とは ...

リスナーのさまざまなニーズに完全対応した多展開配信です。 どのサイト/どのスペックで聴いたとしても、 藤田真央19歳の「いま」をリアルに表現する演奏と録音の妙は バッチリお楽しみいただけるはず。 「CDは予約済、でも高音質でも聴きたい!」というファンの方から ...

CDの製作段階から、さまざまなメディアへのプロモーションが始まっていました。 題名への出演に合わせて、真央君もつぶやき。 5月23日にナクソス・ジャパンよりリリースされます3rdアルバム「passage」。色鮮やかなジャケットがとても気に入っています。裏側もとても素敵な ...

列が扉の前まで前進して、待機します。 開場時間の18:15近く、ガチャっと扉の音がして、 中から出てきたのは、スーツを来た真央君と係の方でした。 ということは、いつの間に会場に入ったんだろう? 本を読んでいたからわからなかったな〜。 前のクラスは17:30で終わって ...

こういったマスタークラスに選ばれるって、すごいな! 上手になればなるほど、お声がかかる。 そして、日本の若手ピアニストとして将来を期待されている。 きっと大きなコンクールで優勝することを、期待されているんだろうな〜。 真央君のマスタークラスへの参加は、まっ ...

5曲弾き終わって、トークです。 トーク内容は・・・こちらをご覧ください! 終演後にふとピアノを見てみたら、真央君が読んでいたメモの忘れ物がw 真央君が書いたのかな?、事務所の人かな? 他には、フライブルグのセミナーで尊敬するソコロフさんに会って、という話。 ...

ようやく本題です。席は2列目の通路側を選びました。 スーパー追っかけファンさんは、真央君の真横のベストポジション。 スーパー追っかけファンさんがカワイイお嬢様で良かったね(笑) 他のコアなファンさんも、会員になって、左側の席をリザーブしていたみたい。 開演時間 ...

整理券をいただいて、開場まで1時間もあったので、喫茶店に行くことにしました。 仕事疲れで、手紙をまだ書いていなかったので、時間が確保できて助かった! サイン会では、後ろの人も待っていると思うと、あまり話すことはできないなと思うので、 (それに、緊張してしまう ...

5月の、ほぼ同じ曲目のホールリサイタルのチケットを買っていたのですが、 ドビュッシーの曲ということで、ちょっと予習してみたら、 とても繊細なメロディー。 これは、ホールではなく、近い距離で聴かなければなるまい、と思い、 チケットを購入。 【123シリーズ】Vol ...

真央君も今年は20歳。満を持してのメディア露出増! リサイタルに、そうそう上京はできない地方の民には嬉しい! 以前からメディアに出てはいますが、去年賞を取って、ビッグウェーブが来ていることだし、それに伴って露出も増やすのは良い作戦なのかも。 作戦、というか、 ...

楽器といえば、浜松。何かと浜松での演奏が多い、真央さん。 今年の、アクト・ニューアーティスト・シリーズには、藤田真央さんが出演! 2018年5月27日(日)です。 このシリーズは、周防亮介さんも2014年に出演していて、 1995年から続くシリーズなのです。 小さな会場で ...

地方住まい故、そうそう上京はできないので、記事で応援! (追っかけとも言うw) Twitterでの感想は、まとめの方で→藤田真央さんまとめ 【2/18 地域健康フェスティバル@厚生中央病院】 目黒の厚生中央病院で行われた「健康フェスティバル」のイベントで、ピアノ演奏し ...

【月ピ 2017年11月号】 コンクールの前はカツレツとは!それだけ真剣な思いが伝わります。 毎日8時間も練習してるんだ。もうプロだから、仕事と同じですね。 プロピアニストの準備の仕方がなどがわかりました。 ラフマニノフ 楽興の時 作品16 ● 三善 晃 ピアノ・ソナタ、他 ...

↑このページのトップヘ