つぶやき

塩がじゃりじゃりついたしょっぱい乾燥梅は、食の駅(高崎・吉岡)にあるらしい。
このブログは、見やすいようにデスクトップ拡大125〜150%に合うようににつくられてます。目にやさしく。

カテゴリ: 旅・イベント・外出

すぐ行けそうなところで、興味があったのは「白河小峰城」 暑いけれども、行ってみることにしました。 これは車窓から撮影した、白河駅。 日光の駅みたい。今度は電車でふらっと来てみたいな〜。 小峰城に着きました。 門から入ると、広い緑地。 お城まで歩いて行きま ...

マナーハウスをあとにして、今夜泊まる棟へと向かいます。 「ターナー」:ジョージアン様式 引用:風景画の巨匠 ターナー 引用:ジョージアン様式!? Joseph Mallord William Turner(ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー) 自由な描写で知られているロマン主 ...

2017.11.1-5 小樽・恵迪寮(35) 北大中央食堂で夕食 恵迪寮祭パンフ 結局、今回の旅でも、ジンギスカンは食べなかった。 スープカレーは初めて食べた! 海鮮物も食べられた。 で、11/4の夕食は、少し早いのですが、店を探すのも面倒になって、学食でまだ食べていなかった ...

友人に会いに、ようやく白河に行くことができました。 会うのは3年ぶりです。 友人は還暦になってから資格をとった、ガッツのある人です。 しかしながら、3年前に取得した資格の仕事はしておらず、さらに、また別の資格を取るべくまた勉強しているとのこと! Nsの資格をと ...

さらに、ゲストハウスが立ち並ぶ道を散策します。 「ニュートン」:スチュワート様式 引用:中世英国のゲストハウス⑤〜5号棟ニュートン〜 建築はスチュアート様式:壁の材料に煉瓦(レンガ)や石がもちいられるようになってきます。 また、ベイウィンドウ(出窓)を設 ...

2017.11.1-5 小樽・恵迪寮(34) 北大の夜景 あけましておめでとうございます。 未だ、去年の旅行記を書いていますw、がそろそろ終わりが見えてきましたよ。 北の大地の冬の日暮れは早い。いや、ただ曇っていただけかな。 16時過ぎました。さよなら恵迪寮。また来るぜ! ...

店内ではいろいろなグッズや麻に関するものが販売されています。 ステッカーのインパクト大! オーナーさんが話しながら組み紐を編んでいたので、手づくりの品物もあるようです。 本日も岩手。麻糸産み後継者養成講座のサークルでした。午前中は、蘇民祭りの黒石寺と日本 ...

2017.11.1-5 小樽・恵迪寮(33)売店 ミルクス村 Club HERO PONGでカラオケ  寮には売店もあります。 窓から見える紅葉。 【ミルクス村〜ミルクス偽物(C棟4階内側)】 「内側」ということは、女子部屋です。 昨日はお客さんがたくさんいて入れませんでしたが、今日 ...

アスコットで無事アフタヌーンティーを堪能した後は、さっそく敷地内の散策へ。 まずは、バラックという建物の近くに行きました。 詳しい解説は、リンク先を参照してください。 中世の城がモデルだそうです。 ちなみに、おしゃれな友達の服装が、ブリティッシュヒルズの ...

温泉をあとにして、昼ごはん何にしようとさまよってみましたが、連休なのでどこも人がいっぱい。 道の駅友愛の森にも行ってみましたが、なんだか人が多いのが目に入って、車も下りずにそのまま退散。 これは、早々と帰った方がいいかと思って、途中のSAでラーメンでも食べれ ...

2017.11.1-5 小樽・ 恵迪寮(32) ガールズ婆 気ままにホスト喫茶 昨日と同じ道を通り恵迪寮へ。昼間だけれど曇りで暗い空。 自転車置き場もあるが、無造作に置いてある自転車も多い。 恵迪寮の壁も、良い感じで紅葉している。 これだけ壁に葉が絡まっているのもすご ...

2階へ行ってみました。 階段を上ると、味わいのある洗面所。いかにも湯治の雰囲気。 こちらは、桐の間。入り口に屋根が付いていて、凝った作りですが、部屋の広さ的には2階の中でも一番コンパクトのように見えました。 階段 温度計。27度くらいありますが、クーラー ...

無事、マナーハウスツアーへの参加終了! 次のお楽しみは、「アフタヌーンティーセット」です。 さっそく、The Ascot(アスコット)へ向かいます。 まだ時間が12時なので、待ち無しで座れました。 12時半を過ぎると、待っているお客さんもいました。 もっと引きで、全体の ...

2017.11.1-5 小樽・ 恵迪寮(31) エルム荘 北大の紅葉その2 【11/4】 宿を出て、さっそく北大へ向かいます。 秋に北大に来るのは、12年ぶりかもしれません。 10年って早いわ!  あっという間だね。だから、やりたいことやらないと! 定点観測地、エルム荘。ちゃんと、 ...

マナーハウスツアーの続きです。 【スヌーカールーム】 ビリヤードより約2倍ほど大きいテーブルと、21個のボールで行う、英国式ビリヤードだそうです。 OPEN時間が20:30-22:30で、予約して使えます。 これは、マナーツアー時の写真↓ 英語スタッフが、教えてくれるよう ...

さて、濃いめの硫黄泉を後にして、下りてきた階段をえっちらおっちら上ります。 もう1つのお風呂に入ります。 こちらは女湯です。 透明の温泉。こちらはそれほど硫黄感が強くなく、入りやすいかも。 こちらのお湯も、熱めです。 水道と、温泉といえばケロリン桶 ...

2017.11.1-5 小樽・ 恵迪寮(30) Wagayado 晴-HaLe- その2 ついに、旅行から1年経ちましたが、まだ書き終わらない、予想通りw その1で書き忘れましたが、チェックイン時は、スタッフさんの丁寧な説明と施設案内があり、 説明書もいただきました。 夜の玄関。た ...

2017.11.1-5 小樽・ 恵迪寮(29) スープカレーhirihiri 2号 Wagayado 晴-HaLe- その1 恵迪座を見終わり、帰ることにしました。 夜景を撮影しようと思いましたが、雨。 札幌駅高架下のダイソーで買ったカッパを来て、自転車で宿に戻ります。 宿に自転車を返して、カッ ...

アッパーホールからクイーンズルーム・キングスルームに入ります。 入り口にあった箱、気になってずっと見てしまった。 この小箱の中はどうなっているの? こういうの、何て言うんだろう?綴り箱? クイーンズルームの天井。 女性の部屋らしく、かわいい感じの天井です ...

階段を下りたら、いよいよお風呂。 斜面を利用したつくりになっているのだと思います。 だから、廊下の外は、地下ではないですね。 この階も昔は客室として使っていたのでしょう。 今は、こんな感じになっていて、待ち合わせなんかに使える? でも、玄関近くに、自販機が ...

2017.11.1-5 小樽・ 恵迪寮(28) 昭和の喫茶店 恵迪座公演 恵迪座(寮生の演劇)まで、あと少し時間がありそうです。 もう1部屋行ってみましょう。 ですが、座の準備や、もう時間も18時近いので、部屋デコも下火になってきました。 【E棟2階内側 昭和の喫茶店】 ...

ブリティッシュヒルズの送迎バス1便は出発し、どんどん山の方に進んで行きます。 思ったよりも道は良かったです。リゾート地へ向かう道だからでしょうか。 羽鳥湖高原へ向かう「白河羽鳥レイクライン」という、37号線です。 途中には道の駅もありました。 が、ブリティッシ ...

次は、古宿でやはりマニアに有名な雲海閣へ行きました。 日差しは暑いものの、標高が高いため吹く風は涼しかったです。 ですが、暑さで、表からの写真を撮るのを忘れorz... まずは、いきなりですが、トイレの写真から。 キレイにリフォームされているので、宿泊時も安心で ...

2017.11.1-5 小樽・ 恵迪寮(27) タロット占い ピンぞうシアター なるべく近日中のお出かけをupしていこうと思っているのですが、 このままいくと、1年経っても旅行記が書き終わらない予感w なので、こちらも書き進めて行きます。 【A棟1階外側 タロット】 タロッ ...

友人(元同僚)が、ブリティッシュヒルズに興味があると以前言っていて、 私も、それ以来、気になっていました。 今年は遠くに旅行する予定もないし(追っかけはしているけれどw) ちょっとお値段は張るけれどいいかな?と思い、誘ってみるとOKと! 一緒に旅するのは1年 ...

入り口から下りてきた階段。 その下に、水が流れていました。雨水なのか温泉水なのかはわかりません。 →おじさんの家の地下にある源泉から流れてきているそうです。地下道でつながっているとか! 階段を上って入り口に戻ります。入り口近くにも部屋がいくつかあるので ...

さて、4合目〜3合目の舗装された道路をとぼとぼ歩いて行きます。 足の平がかなり痛くて、気力を振り絞って歩いている感じでした。 そろそろトイレが限界。 4合目からはほぼすれ違う人もいないので、ちょっと草地に入ってお花摘みに・・・と思っても、 そういう時に限っ ...

山頂はやはり、それなりに涼しいです。 ちょっと雲が増えてきました。 山頂の定時カメラにも写ってきましたよ! 夏なので、雷雨を警戒して、そろそろ下山することにしました。 山頂にいたのは、40分程度だったかな。 【13:20頃 下山開始】 下山は、練習登山でも ...

1階におります。 廊下、壁が温泉成分で腐食してしまって、怖すぎ。 突き当りの洗面所。ここも昔のまま。 洗面所の前の角部屋。こたつが置いてある。 キレイにしたらまだまだ使えそうな雰囲気だけれど、耐震的にはまずいのでしょう。 押入れは怖くて開ける気になれませ ...

↑このページのトップヘ