ここのところ、介護の調べものや、連絡調整契約などで忙しく、全然ブログが書けていません。

しかし、まずは、日々の介護食の問題を解決することが優先なので、いたしかたありません。

母の嚥下障害の進行が早く、私の調理能力が追い付きませんー。

つい3か月前は食べられていた形態が、今では食べられません。


【冷凍介護食】摂食回復支援食あいーと 魚貝セット(7個入)




薄切りシイタケや、サバなどのパサつく魚の切り身も食べられなくなってきました。
噛む筋力、飲み込む筋力も弱くなってきたのだと思います。

かといって、ミキサー食というわけでもなく、細かくしたきゅうりともずくの和え物などは、好きなようです。

何が食べられて、何がだめなのか、手探り状態で、とても疲れます
(´・ω・`)


なので、適度に市販品を利用することにしています。

【冷凍介護食】摂食回復支援食 あいーと 豚肉の生姜焼き 66g




写真に撮るのを忘れてしまいましたが、

この生姜焼きは、たしかに味は生姜焼き、お肉感も良く、親も「これなら食べられるね」と言っていました。

ですが、食欲が無いので、夜に半分、次の日は飽きたのかw、その半分しか食べなかったんですけどね...


次は魚シリーズ買ってみようかな?

価格はお高めだから、毎日はちょっと難しいですね。

キューピーのレトルトや、いわしの缶詰とローテしてみようかな。


ハンドブレンダーを注文したので、魚は細かくしてトロミあんをかけたら食べられるかもしれません。

18. とろみエールとろみだしの素 19346 150g




このだしの味がついたとろみが便利で、最近使い始めました。

介護保険で払う訪問介護・看護の費用、そしてこれら食費、それらを合算し、プラス手間を考えて、施設入居のタイミングを決めようかな。

Drは、現時点でも施設推しなんだけど・・・
まだ、どうにかこうにか歩ける(家の中で押し車)から、施設に入るのはもったいない気がして。。

たしかに、施設は安全・栄養管理されているかもしれないし、安心だけれど、でも、自由は無いよね。。。

転ぶと危ないから車いすに座らせられて放置か、天井を見つめて寝たきりで、ナースコールを押してもなかなか人がこなかったり、ナースコールを届かないところに置かれたり・・

そんな生活、はたして長生きしても幸せだろうか。

だったら、訪問ヘルパーさんが毎日一定時間密にかかわってくれる今の方が、幸せではないだろうか?