続きです。

アジアユースオーケストラは知らなかったのですが、百音さんが出演するし、曲もブルッフだし、オケもとても良いらしいのでチケットを買いました。

参考:「アジア ユース オーケストラ東京公演2019」のチケットを取る



ブルッフのコンチェルト。聞いてみたらカッコイイ!美しさとかっこよさを兼ね備えた曲だな〜と。

これは行くしかない!と。

レベル的には難しくないそうですが、そういう曲こそソリストの力量が重要だし、ソリストの個性が活きてくると思うのです!

参考:ブルッフ バイオリン協奏曲第1番



メンデルスゾーン&ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲





チケットは、オペラシティの座席表を見ると、多分3列目が実質1列目になるかなぁと思って(オケの編成が大きいので、ステージ最大使うだろうと)、
最前列はとれなかったけれど、4列目13番をゲットできました!

こんなに前の方はめったに取れないし、ちょうどソリストの前の席でした、嬉しい!

20190901_122316


このアジアユースオーケストラは、毎年ヴァイオリンやピアノのソリストが参加するというわけでもないようで、過去にはチェロソリストだったり、ソリストがいない公演もあったようです。

過去には諏訪内さんも参加したようです。

参考:AYO's activities

ソリストに選ばれるなんて光栄ですね!しかし、ツアー数が半端ない!!
百音さんにとっても、人生初の長期ツアーだったと思います。

百音さんもinstagramたくさんupしていましたが、前日のストーリーになんと発熱と!

疲労もピークに達していたのかな?

20190901_122347


無理もありません。去年は香港でデモ、韓国で反日運動があったりして、情勢も不安な中のツアーだったと思います。

香港はたくましい。日本で、もし何らかの嫌すぎる法律を決めますなんていう動きがあったら、我々は体をはってデモをするだろうか・・・?

アベノマスクすら感染ピーク時に一般市民に届いていない日本(5/13現在まだ届きません、要介護の母にはケアマネさんから届きました)。我が国はこんなんでいいのだろうか。。

香港デモ戦記 (集英社新書)




開場になって、コンサートホールの中へ入ると、ロビーではお母様がスタッフさんとCDを売っているではないですか!

CD売り場で「こんにちは〜」と挨拶すると、
百音ママ「わざわざ来ていただいて、ありがとうございますー」と、お疲れも見せず笑顔でした。

本当にパワフルですごいな!私も体力と気力、見習いたい!(笑)

百音さんの熱も12時間寝たら下がったとのことで、「疲れがでたんでしょうね〜」と、そんな話を二人でしました。

20190901_115016


今日は百音ちゃんに会えるか聞いてみると「サイン会で出てきますので」とのこと。良かった!直接プレゼント渡せる〜。

百音さんのお祖母様のお姿も見えました。ご高齢ですが、いつも応援にかけつけていて凄いな!

うち母も、そんなふうにやる気があったらなぁ(外出嫌いの母)・・・
もはや回復の見込み薄いけれど、まぁ、人それぞれだから、仕方がないか〜。

カルメン・ファンタジー、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番




2)ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調


↑ツアー中の台湾での演奏です。動画ありがたい!

百音さんがステージに登場。より大きなヒューヒュー!の歓迎の掛け声が飛んでいます。

日本人のお客さんばかりのコンサートではこういうことはないので、外国の人ってノリがいいんだな〜。
このヒューヒュー!のあとに、曲の気持ちになるの大変そう(^^;

20190901_115031


でも、既にステージ人の百音さんです、しっかりと、一呼吸おいて、指揮者とアイコンタクトをかわし、演奏が始まりました。

さすがに2列目、生音に近い音が聴こえました!

実に指揮者に忠実に丁寧に演奏している感じがしました。

20190831_145014


もっと荒ぶってもええんよ〜、庄司紗矢香みたいに私に合わせて!ぐらいの溜めがあってもいいのかも、と思いましたが、
第1楽章は、へたにリズムを崩さない方がいいのかもしれませんね。

というのも、第1楽章は、弦パートが伴奏を奏でながら、ソロは荒涼とした荒野に立ち向かっていくぜ!という感じがするのです、私には(^^;
(なぜか母を訪ねて三千里の曲を思い出します)

第1楽章は熱いけれど、熱さだけでなくもちろん優雅な部分もあって、百音さんの鋭い集中力と演奏が素晴らしくて、

今ビデオを見ても、鳥肌立つし、あの日のことを思い出して涙出る(T_T)

20190901_120424


第2楽章は、百音さんの演奏の、丁寧なビブラート、音のつながりが、急がずじっくりと、祈りのように美しく心が震えました。涙が出そうだった。

まだ19歳なのに、既に一流の演奏家。堂々としていて立派だなぁ〜という、知り合いのおばちゃんのような気持ちでも涙が出そうでした(^^;

20190831_144651


第3楽章は、華やかで熱いですよね!

百音さんの演奏も、切れ味鋭くとても良かったです!
もうね、アスリート!全身を使っての熱演に感動した!

今日も、迫力の素晴らしい演奏でした。

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲/ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番




各地での百音さんの演奏がインスタに!嬉しい〜♪
かっこいいですね〜!








アンコールへと続きます。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。