前回の続きです。

道の駅ましこを出たのが13時頃。
41号線(つくば益子線)を南下して行ったら、50号線にはあまり時間がかからず出られました。

50号線の流れも良かったので、時間もあるし、高速に乗らずにのんびり50号線で行くことにしました。
知らないところの景色を見ながら行くのも、楽しいし。
自分が運転じゃないともっと楽しいけれど(^^;

途中に大きいイオンモールがあったり(いいなぁ〜)、初めて通る道は、栃木と似たような田舎道なのに、新鮮な気持ち。


Googleマップで見ると、水戸は遥か先に見えましたが、
14時半過ぎには、水戸IC付近のバイバスに着きました。


ここで、バイバスではない方の50号線に入ると、駅前に行ってしまうので、気をつけてバイパスの方に入りました。
駅の方から県民文化センターに行ってもいいのですが、街中を通るので道が混むかな?と思い、バイパスを選択。

そして、時間がありそうなので、ちょっと悩んだのですが、佐川文庫に寄り道することにしました。
サラサーテという雑誌を見たかったのです。
(見たい号は事前に調べておいた)


佐川文庫では、素敵なサロン的ホールでクラシックのリサイタルを開催していて、特に若手の場合は¥3000円ほどで聴くことができます。
栃木からは、高速だと1時間くらいで行けるので、快速電車で東京に行くよりいいかなー、乗り継ぎとかないし。
(ガソリン代+高速料金で、交通費は快速電車よりは高く、新幹線よりは安い)

チケットは電話で予約します。その時に、座席の配置を知らないと謎過ぎるので、
前回行ったときの記事に座席表をのせてあります。

サラサーテ2018年02月号




バイパスの下り場所間違えて引き返したりしながら、なんとか到着。

約1年ぶりの佐川文庫。
栃木にはこういう場所はあるのでしょうか?
水戸は、芸術館があったり佐川文庫があったり、音楽文化レベルが高いのかも。
20190323_141720
20190323_141701
20190323_141639
20190323_143931


サラサーテ2018年06月号




窓の外に見える建物が、コンサートが行われるホール「木城館」
20190323_143904


土曜日ですが空いていました。利用している人は二人ぐらいしかいませんでした。
20190323_143935


静かな時間が流れる場所。
奥様もお元気そうにカウンターにいらっしゃいました。
20190323_143859


CDを聴いたり、本を読んだり、DVDを見たり、全て無料で利用できるのです。
無事、見たい雑誌を見せてもらって、佐川文庫をあとにします。