今回は、交通費を節約すべく、チケットショップで18きっぷをレンタルすることにしました。

だいたいは、アッ〇ルチケットさんを利用。
アッ〇ルさんだと、在来線の乗車券の組み合わせを、最安値になるようにしてくれるんです。
「休日おでかけパス」が買えるのも、アッ〇ルさんの強みかな。
ただし、特定の日付でしか使えないので、予約購入となりキャンセル不可です。

ですが!今回は、いち早く18きっぷのレンタルのお知らせがウェブページに出ていた、関東〇ケットさんにしました。

青春18きっぷ 大人のぶらり旅 (TJMOOK)




朝10時前に家を出て、まずはチケットショップへ。
いつもより、人が多い気がする!
なぜか店内は暗いのですが、ここのスタッフのお姉さんは感じがいいですね。

一時金として5回分全額払い、返却時に返金されるシステム。
貸出期間が2泊3日というもの、ありがたいですね〜。月曜の仕事の帰りに返しに行けます。

無事きっぷをゲットして、改札で日付を押してもらう。
乾かないうちにしまったので、滲んでしまった。スミマセン・・・
20190302_103834


買いものなどを済ませて、快速に乗りました。行きは普通席。
ちょっと余裕なかったなぁ。9:30に家を出ればよかった。

電車のなかでアルゲリッチのラフ3を聴いて予習したりしてたら、12時20頃には恵比寿到着。
そこから山手線で目黒に行くのに、最初、反対側の渋谷行きホームに並んでた!危ない危ない。
すっかり、東京に疎くなってしまったなぁ〜。
普段電車なんて乗らないからなぁ〜。

20190302_130053

ご飯はいつものスープストック東京。
上京したから美味しい物でも食べよう!という欲は、ほとんどなくなりました(笑)

もう12:30だったので、空席が少なくて、やっと座れたけれど、座ったとたんに空きだした。
昔通勤で使っていた目黒駅。次来ることがあったら、神戸屋ベーカリーでもいいかな〜。

セットメニューにしたは良いが、おかゆ&ライスw
本当はボルシチとか食べてみたかったのだけれど、お腹に自信がないので、コンサートの前は脂ものは控えてる。

バジルの薄味風味が、私にはちょうど良かった。
20190302_124716
20190302_124718


スープストックトーキョー 6スープセット ギフト箱




食べ終わってバス時刻を調べたら、1本早いバスに乗れそうなので、急いでバス停へ。
「黒07」は、懐かしの「弦巻営業所」行き。昔の勤務地のすぐそばだし、バスはもう一つの昔の勤務地のバス停も通る。
昔の教え子やその家族に会ったりしたらどうしよう?と思ってバスに乗るけれど、未だかつてそんなことは1度もない(笑)

教え子の皆さんは、みんなそろそろお年頃。
結婚式とかで、私がせっせと夜なべして作った写真詰め合わせCDでも使ってくれてるといいな〜。
20190302_130328


バス停「めぐろ区民キャンパス」までは、目黒駅からバスで20分ほど。
夏場以外は、東横線の都立大学から歩いてもいいかな〜と思ったけれど、渋谷の乗り換えが面倒なのと、JRで目黒まで来られるので、ついバスに乗ってしまう。

めぐろ区民キャンパスで下車したら、バスの進行方向に向かって進んで、
20190302_132756


左に曲がる、すなわち、パーシモンの後ろの入り口から入った方が近いのでは?と思います。
20190302_133000


開場まで1時間ほどあるので、同じ建物内にある図書館へ・・・行くも、とても混雑していて座る場所が無い。
こういう点は、田舎の図書館の方がいいな〜(土地が広いからゆとりがある)。

仕方が無いので、公開書庫とかいう場所の(ここの机も満席)、立ちテーブルで書き物をする。
その週は仕事が忙しくてうっかりしてしまったが、やはり、家で書いておかなくては。。。

日本の最も美しい図書館




パーシモンホールの大ホールは初めてです。
ロビーにもたくさん椅子があっていいですね。
20190302_143820


クロークもあります。
20190302_143910


中に入ると、ウェブページの写真で見るよりキレイ!
一番後ろからの写真です。クラシックのコンサートにちょうど良いサイズ感。定員1200席。
クラシックの楽器は大きい音ではないから、聞くにはこれくらいがちょうどいいな〜。
広すぎても聴こえないし見えないからね。
20190302_144005
20190302_144026
20190302_145420


今回は最前列のど真ん中あたり。¥3500円は交通費がかさむ地方の民にとって嬉しい料金。
20190302_155805


しかし、ピアニストの横なら13か14番がオススメ。そこが取れなかったら11か12番でもいいかも。
超常連様も、ちゃんとそこにいらっしゃいました。
私はそれよりやや右だったので、ピアニストの顔は見えても手元は見えませんでした。
でも、迫力が伝わる十分良い席!
20190302_145442