ブリティッシュヒルズの送迎バス1便は出発し、どんどん山の方に進んで行きます。

思ったよりも道は良かったです。リゾート地へ向かう道だからでしょうか。
羽鳥湖高原へ向かう「白河羽鳥レイクライン」という、37号線です。
途中には道の駅もありました。

が、ブリティッシュヒルズはさらにその奥へと進んで行きます。


いよいよブリティッシュヒルズに着きました。
豪華な門を写真におさめたいところですが、バスは突き進みます。
国旗が立っていたりして、気分上がります!



送迎バスは、マナーハウスの前まで乗りつけてくれるので助かります。

【エントランスホール】
ヴィクトリア時代の壮麗な空間。レセプションがあります。
DSC05019
DSC05000
DSC05003
DSC05006
DSC05011


廊下も雰囲気がある〜。
DSC04999


素敵な天井とシャンデリア。
DSC05005


バスを降りて、荷物を受け取って、到着は午前中でしたがチェックインできました。
英語のカウンターで行いましたが、なんとかなりました(汗
パンフレットなどをもらい、荷物は預けると部屋まで運んでおいてくれるとのこと、素晴らしい!
DSC04795


階段の脇の展示スペース。
DSC05008
DSC05015
DSC05018
DSC05017


同じく階段の脇にあるのは、セキュリティーボックスでしょうか?
DSC05009


レセプションの脇にあるディスプレイの棚。
DSC05014


キレイなカップ。今まで白のシンプルな食器が好きでしたが、最近趣味がかわりました。
こういういいカップを少しだけ持ちたい。
DSC05013


日帰り利用は、別に受付テーブルが出ているので、そこで入場料やマナーハウスツアー代金を払います。
参考:【レンタルアイテム料金表】ブリティッシュヒルズ 日帰り 宿泊 利用時
DSC05002
DSC05004


図説イングランドのお屋敷 ~カントリー・ハウス~




にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ



3人で行ったのですが、そのうち一人は日帰りだったので、まずは、11時からのマナーハウスツアーに参加しました。
ツアー中は、解説付きなので、そちらを聴くことに注力したので、
その後、夕方から、また友達と撮影に行きましたw

さらに、泊りなので夜にじっくりまた撮りましたが(鬼撮影w)、
一応、昼間の写真も載せます。


【マナーハウス入り口、アッパーホール】

マナーハウスとは、ヴィクトリア時代の英国荘園領主の館で、英国貴族が自分の荘園内に建てて、1年の半分をマナーハウスで、半分をロンドンの邸宅で過ごしたそうです。

まずは、マナーハウス入り口の外観。とっても良い天気!
DSC04988
DSC04990


ライオン、建物の中の家具にも彫られていたり。強さと権威の象徴なのかな。
DSC04989


銅像はシェイクスピアだそうです。
DSC04991
DSC04992


こちらは、マナーハウスのうち左側の方で、プールや体育館、レッスンスペース、小さな教会スペースなどがあります。
DSC04993


こちらの少し写っている右側の方は、リフェクトリーという、食事で使うホールが入った建物です。
DSC04982


MANOR HOUSE(マナーハウス) 英國発 貴族とメイドの90日 【3枚組】 [DVD]




それでは、中へ参りましょう。
DSC04994

DSC05139
DSC05138
DSC04997





1階からの階段にはステンドグラスがあります。
シャンデリアも超豪華!本当にすごいところです。大学の施設なのに、よくこういうの作ったなぁ〜。
DSC04801


こういう彫刻的な飾りがたくさんあります。
解説によれば、昔はTVのような娯楽が無かったので、こういう装飾品などから会話が始まるそうです(領主の自慢とか)。
DSC04802


お盆の初日で、マナーツアー11時のお客さんは、こんな感じ。
ツアーとか、自家用車での日帰りのお客さんも多い印象でした。
DSC04803


ここは、レセプションホールのちょうど上、2階のアッパーホールです。
DSC04806


ステキなシャンデリアと天井!
DSC04796


ちょっと暗めになってしまいましたが、アッパーホールの窓のところにあるソファ。
ここにもシャンデリア。
DSC04807


昔は洋風にはまるで興味がなかったのですが、最近は好きかもー。