3合目から4合目までは車道です。
車道も意外と長くて、やっと4合目に到着。
でも、もう4合目という気もしました。

【8:15 四合目】
山の日ということで、新聞社の車が停まっていました。記者の方は、ここから登り始めたようです。
私もここで、水分補給とおやつ休憩しました。
暑く、既に少々疲れ気味です。
DCIM0023


しかし、ここからが本格登山の始まりなのでした。
鳥居をくぐって、階段を少し上ると、さらに急な土の登山道を上っていきます。

足場の写真も撮りたかったのですが、写真を撮ることに時間を費やす暇はないノロ足の私は、写真を我慢して先へ進みます。
木の根も露わになっていたりと、単に歩きやすい土の道というわけではありませんでした。
DCIM0020
DCIM0024



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9720311171256818"
data-ad-slot="8946709438">



【8:56 五合目】
4合目からここまで40分ほどかかっているくらいには、私にとってはけっこう大変な山道です。
でも、練習登山で歩いたような、片側が崖のような道ではないので安心です。
DCIM0025


五合目にあった、簡易な避難小屋。ここまで来ると、涼しさも感じられます。
10分ほど休憩です。
DCIM0026
DCIM0027



景色は相変わらず笹ばかりですが、少し遠くの景色も見えました。
DCIM0029
DCIM0030


にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ



【9:31 六合目】
DCIM0031


いよいよ、岩が多くなってきました。
大股で歩くと疲れるとどこかに書いてあったので、なるべく小刻みに登ります。

休憩も合目ごとに10分程度とりますが、基本は、ゆっくりでも登り続けるのが自分のリズムでした。
(食べ放題に行っても、一定のスピードで淡々と食べていると言われたことがありますw)

しかし、岩また岩で、かなりしんどい道です。
DCIM0032
DCIM0035
DCIM0036

心折れそうな、岩ばかりの斜面!!



【10:20 七合目】
7合目まで約1時間。それだけ岩場は大変でした。手足を使って全身運動!という感じです。
この山を一日に3往復する人がいるとかで、本当に驚きです。

7合目まで来てもまだ岩場が続き、岩を目にして心が折れそうになりましたが、
ソロ登山なので、誰にも気を使わなくていいので、マイペースで登り続けます。
DCIM0037