こちらは男湯。男湯の暖簾、古そうです。
DSC04559
DSC04560


浴槽は左右対称で女湯と同じですね。天井までは壁がないので、話し声は聞こえるでしょう。
DSC04557
DSC04558



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9720311171256818"
data-ad-slot="8946709438">




脱衣所。置いてあるシャンプーとリンスは地域の常連さんの私物だろうか?
椅子に板が貼ってあったりして、おじさんが手入れしてくれたのかな。
DSC04556


だいぶ腐食も進んでいます。
私が風呂に入っていたら、常連さんがやってきて、窓を開けていました。
DSC04566
DSC04564


動画を撮ってみました。やっぱり動画って、行った時のことが感じられて良いなぁ〜。
ただ、人が来ないか気にしちゃってなんとなく落ち着いて撮れなかったので、フォーカスがイマイチ。
じっくり撮るべきですな。


お湯は、入れないほどではないのですが、熱めです。(ボイラー沸かし湯という情報あり)
ぬるめようにも、水道らしきものは見当たらず、源泉の水がちょろちょろと出るだけです。
浴槽は2つありますが、1つは空です。もしかしたら、掃除のために、交替で使っているのかな?
参考:老松温泉 喜楽旅館 日帰り入浴

こちらはお湯が入っていない方の浴槽(女湯の)。
DSC04567