今年は、百音ちゃんのコンサートは少ないのですが、真央君は大活躍!
とてもネット追っかけが追い付かないのでw、
自分が行ったコンサートだけ記録しようと思っているのですが、

浜松のリサイタルでのアフタートークが興味深かったので、記録!


CD発売後間もない5/27に、浜松でリサイタルがあった真央君。

CD発売後、販売店さんへの挨拶周りや、取材など大忙しだったのに、
その週末にリサイタルとコンチェルト2日連続とはすごい!
若いって素晴らしい。





トークもあるなら行けばよかったかなー?
でも、さすがに静岡までは遠征できなかったな〜。
行けなかったけれど、このシリーズはアフタートークもupされるみたいだから(周防さんの時もupされている)、楽しみ。





style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9720311171256818"
data-ad-slot="8946709438">



アーティストインタビューが面白かったので。
公式ページにも早くupされないかな〜。
リサイタルに先駆けてインタビューもありました。

引用:藤田真央ピアノリサイタル

以上に若く見える童顔だが、演奏はさすがに卓越したものを持っていた。

若さたっぷりの弾きぶり、うたい方も個性的。顔に似合わず?音をバンバンと鳴らす。多少繊細さに欠ける感じもしないではないが、音の粒はよくそろっている。

ソナタの3番は気合いが入っていて、その世界に迫ろうとする意欲が伝わった(3〜4楽章が特にいい)。
アンコールにスクリャービンやらリストやらが出てきて、自作のパガニーニのテーマによる変奏曲も。テクニックの見せどころで、最後のパガニーニ、ジャズ風のアレンジは面白かった。

練習は苦ではないとのこと、ピアノを弾いてる時が一番幸せという。
今好きな演奏家はアレクセイ・スルタノフ(35歳で亡くなった)、破天荒なところがある人に惹かれるという。

で、いろんなタイプの曲を弾きこなすが、好きな作曲家はモーツアルトだそうだ(ちょっと意外)。どれもいい、駄作がない、よく考えられてる、とべた褒めしていた。

昔からのお気に入りの曲としてバッハのパルティータ2番からカプリッチョ、これを弾いて幕となったが、さすが十八番、実に楽し気に悠々と弾いていた。

ヨーロッパにすぐにでも留学したい、行ったら帰って来ないかも、でも日本食が好きなのでそこがネックという藤田真央氏。


passage ショパン:ピアノ・ソナタ第3番/藤田真央(ピアノ)




練習が苦じゃないっていいなぁ。大きい手で何でも弾けちゃうんだろうなぁ。
頭で理解したことを、指先やペダル操作で表現できる頭の良さも感じられるし。

子どもの頃からヨーロッパへ、マスタークラスや演奏会に行っているから、
ヨーロッパは真央君にとって自然なんだろうなぁ。
にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ


CD関連のインタビューでも留学や和食が好きという内容があったような。
日本人の奥さんをもらえばいいんじゃない?(^^)

福間さんのように、ヨーロッパを拠点として活動するようになるのかもしれませんね〜。



このブログは、動画か画像を入れておかないと、サムネイルに画像が出ないので、記事タイトルとは関係ないけれど↑入れてみました。

銀座ヤマハ店での演奏。初めて知った曲だけれど、好きだなぁ!生で聴けていいなぁ〜。
もちろん遠方故、行くことはできなかったですが、
upしてくださった方、感謝です。