友達が着物好きなのですが、
私も衣装体験とかが好きなので、一緒に行ってきました!

飛山城史跡公園にある「とびやま歴史体験館」です。

★中に薄手の長袖シャツ(冬)を着ていきましょう。Vネックがいいです。
★着物を着るので、靴下は白がいいです。(黒を履いていた友達は脱ぎました)

衣装体験は1つ300円です。
私は甲冑と着物を体験したので、合計600円です。
DSC03006



【甲冑】
まずは、着物を着て。それだけでも何となく重さを感じます。
そして、紐で腹部や腰を絞めて、いろいろなパーツを着ていきます。
何枚も布を重ねていく印象です。それが防御になっているんですね。
20180124_180124_0004


体を紐で絞めるということが、今は無い生活ですから、
とても新鮮な気分でした。
20180124_180124_0005


自分はただ立っているだけで、何から何まで、着つけてもらえます。
係の方は「先生」と呼ばれていたので、着付けの先生なのかもしれません。
下履きを履く時も、足元に置いてくれて、そこに足を入れるだけです。
20180124_180124_0010


甲冑姿の出来上がりです。12キロぐらいあるみたいです。
DSC02972
DSC02974
DSC02975



【小袖+打掛】
小袖から着て行きます。甲冑に比べたらとても簡単です。
小袖は思ったよりも厚地でした。
20180124_180124_0002
20180124_180124_0003
20180124_180124_0001



打掛を着て出来上がり。打掛は厚地で、とても暖かいものでした。
DSC02985
DSC02987
DSC03001


友達はピンクの打掛。ピンクの方は、小袖もピンクです。
20180124_180124_0009


私もピンクの打掛を羽織ってみましたが、白の小袖とは合わないものなんですね。
友達「急に小娘感が…w」と。
確かに、ピンクは若い子向きかな〜。
DSC02992


ポーズをとってみたり。
DSC02997


殿のご武運をお祈り申し上げます・・・みたいな(笑)
DSC03004


ひとしきり撮影して満足後、着物を脱がせていただきました。

とても貴重な体験でした。

夏は、小袖夏バージョンや、直垂衣装もあるので、
また行ってみたいです。

今回は、真冬だったので、外の方は歩きませんでした。

衣装体験は子ども用もあり、七五三の頃は混みあうみたい。
前撮りすると良いかもですね!(夏で日焼けしちゃう前にね)